医療ソリューション
Medical solutions

FileMaker電子カルテ
ANNYYS

医師が作った
誰でも簡単に使える電子カルテです

だれでも…

ANNYYS_D版は、医師であれば誰でも利用できます。
電子カルテの基本的な機能をわかりやすいインターフェイスで装備しているので、簡単な操作方法を覚えるだけですぐに使い始められます。
また、日レセ(ORCA)との連携機能も標準で装備し、簡単な設定を行うだけですぐにシステム連携が可能です。
ANNYYS_D版の導入により院内の業務効率が飛躍的に向上します。

どこでも…

ANNYYS_D版はFileMaker Proをベースとした電子カルテソリューションです。
そのため、WindowsやMac OSのどちらの環境でも同じように動作します。
使い慣れた端末を利用して電子カルテネットワークを構築できます。
さらに、FileMaker Go(無料)を使ってiPadやiPhoneなどのデバイスからも利用可能です。

どのようにでも…

ANNYYS_D版は、自分のスタイルに合わせてデザインやレイアウトを変えることができ、新しい機能を追加することも可能です。
FileMakerに関する知識や経験があれば必要なデータの抜き出しや加工もごく簡単なことです。

主な機能
診療録、画像データ管理、文書発行、紹介状、転医状、診断書、証明書など
 ・オーダリング 【検査(6-G参照) 、処方 、処方箋、処置など 】
 ・予約 電話やインタネットでの予約システムとの連動できる
 ・窓口会計システムへの情報伝達 【レセコン機能 、ORCAとは情報伝達ができる 】
 ・データのやり取りが容易
 ・地域でのデータネットワーク(患者データの共有)
 ・データを共有することで大規模スタディ
 ・患者が私的データを所有できる
  • ANNYYS→ORCA連携

    日医標準レセプトソフト(ORCA)との連携機能も標準で装備しておりますので、簡単な設定を行うだけですぐにシステム連携が可能です。

  • 患者情報

    患者の基本情報と保険情報をこの画面で入力できます。

  • 受付情報

    1.受付ボタンを押すと新しいレコードが作成され、患者番号の入力待ち状態になります。
    2.患者番号を入力し[ent]キーを押します。
    3.該当する患者番号があれば名前が表示されます。

  • 診療画面

    1.「処方」タブを押すと画面が表示されます。
    2.「DataList」ボタンではこれまでの内容が左側のDataViewerに表示されます。
    3.院内処方・院外処方を切り替えます
    4.このボタンの登録済みマスタリストを左側のDataViewerに表示します。
    5.上の「その1」のテキストベースで入力された処方内容を、ここに移行させます。
    6.表示されている内容を削除します。

  • 処方入力2

    1.「処置」タブを押すと画面が表示されます。
    2.「DataList」ボタンではこれまでの内容が左側のDataViewerに表示されます。
    3.このボタンの登録済みマスタリストを左側のDataViewerに表示します。
    4.上の「その1」のテキストベースで入力された処置内容を、ここに移行させます。
    5.表示されている内容を削除します。

  • 処方入力3

    1「検査」タブを押すと画面が表示されます。
    2.「DataList」ボタンではこれまでの内容が左側のDataViewerに表示されます。
    3.このボタンの登録済みマスタリストを左側のDataViewerに表示します。
    4.上の「その1」のテキストベースで入力された検査内容を、ここに移行させます。
    5.表示されている内容を削除します。

  • 入力終了→レセコンへ送信

    入力が完了したら、これらの診療情報をレセコンに送信する必要があります。

    1.送信方法はこのオーダーボタンをクリックします。

  • 検査結果

    各検査会社からの情報を取り込むことにより、検査結果をわかりやすく表示することができます。

  • 成長曲線

    日々のバイタルを入力することにより、成長曲線を表示することもできます。また、パーセンタイル曲線にも対応しており、拡大縮小もできます。

ANNYYS公式ホームページ

http://dev.annyys.net/home